ジョギングダイエット

熱中症対策の3つのポイント





ジョギング中に気をつけたいのが熱中症や脱水症状による体調の変化です。
体調不良のみならず、ダイエット効果も低くなるので注意して下さい。
6月頃から徐々に気温が高くなるので、真夏だけではなく6月から9月までは熱中症対策をしましょう。


1.小まめに水分補給
走る前にコップ1杯250ml程度、水分補給しましょう。
走っている最中も10分から15分おきに150〜200mlの水分補給をします。


2.吸汗速乾ウェア
汗をよく吸収し、速乾性に優れている機能性の高いスポーツウェアを着ましょう。
帽子をかぶったり、首に濡れタオルを巻くのも効果があります。


3.時間帯
夏は気温が高い日中は避け、涼しい朝・夕方・夜にジョギングしましょう。


ジョギング中、暑さでふらついたりしたら熱中症のなりかけです。
すぐに足を止め、日陰など涼しい所で休憩しましょう。
水を頭から首筋にかけると効果的に体温を下げ、症状が和らぎます。